小谷は琵琶湖の右側です
ネットゲーム「信長の野望オンライン」萌黄サバで遊んでます。遊び心を忘れずに楽しんでいこうと思っています♪
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刀鍛冶はバイトです~時給850円
こんにちは。
最近、お気に入りのブログが次々に閉鎖していき寂しいあかねです。

さて、私のキャラの中で一番育っているのが「刀鍛冶」さんです。
そんな、刀鍛冶さんでの私の立ち回りについて今日は書いてみます。

まず、大前提として私のブログのこういう記事は、初心者が多い一門所属だった私が、初心者の子に教えてる事を「詳しくはブログに書いとくから」と言って書いている程度の内容です。
もちろん、私の個人的意見なので思い込みや間違い等、多々あるかとは思いますがそこを華麗にスルー出来る方のみどうぞ^^;
また、私は小田原なら2まで、人取は3まで、黄泉系クエは夜叉まで。位しかしかやった事ないです。
そんな程度の経験と、そんな程度の強さのボスまでのお話です。


まず前提として・・・
鍛冶のメイン技能に「鎧の極み」があります。
寄り合いから抜粋

•鎧の極みの防御力上昇度について
◦「技能後の防御力」=「技能前の防御力」×n+「基本防御力」
n=1.0(極み、至り、怒り)
n=1.2(極み改)
n=1×釣った敵数(憤怒威圧)
どちらの場合も防御力のキャップは基本防御力の5倍
■鎧の極み、鎧の至りは4回で上限到達
■鎧の極み・改は3回で上限到達

分かりやすく防御力1000の鍛冶を例に出します。(青とか考えない)
鎧の極みを1回すると~1000+1000=2000の防御力
     2回すると~2000+1000=3000の防御力 
     3回すると~3000+1000=4000の防御力 
     4回すると~4000+1000=5000の防御力  はい、上限です

こんな感じで防御が上がっていくんですね。だから、敵の痛い攻撃にも耐えられるんです。
素晴らしい技能ですが、弱点もあります。
敵の「防御呪詛」「看破」「霧散」などの付与を消す技能です。
せっかく、3回や4回重ねていても あっ と言う間に消えてしまい、それまでの積み重ねや苦労は無かった事になります。

そしてもう一つ、「鎧の極み」は効果時間が切れる前にかけ直すことで、効果時間更新+付与効果上乗せという重ねがけ可能仕様になっているという事。

またも寄り合いから

•鎧の極みの効果時間について
◦▲が消える前に重ねた場合は効果時間が延長する
◦鎧の極み、鎧の極み・改、鎧の至り、巧技の効果時間の長さについて
■鎧の極み+巧技 = 120秒+40秒
■鎧の極み・改 = 160秒
■鎧の極み・改+巧技 = 160秒+40秒
■鎧の至り = 160秒
■鎧の至り+巧技 = 160秒+40秒


ややこしいですが、鍛冶やるなら頭の片隅に・・・ポイッ

<シュミレーション1> 防御:1000のあかね君の場合
あかね君がボスと戦った。
1・敵を釣った 
あかねは敵の攻撃で痺れて動けない。
2・鎧の極み をした(防御2000になった)
3・敵を釣った
4・鎧の極み をした(防御が3000になった)
あかねは敵の攻撃で痺れて動けない。
あかねは武士を守護して気合を削られ気合が無くなって動けない。
あかねは徒党員にもう少し気合積めよ。と怒られた。
5・鎧の極み をした(防御が4000になった)
敵の看破が飛んできて 鎧の極みの青付与が消えた
あかねは防御が1000に戻った。
あかねはいじけて動けない。。。。

分かりにくいかもしれないけど・・・これが鍛冶のやってる事です。
↑の場合5ターンもかけて防御が4000になったのに、敵の看破一発で消えてしまいました。
恐ろしいですね。そうなると、また、スタートからやり直しになります。

そこで、有効なのがlv2付与(おっきいおにぎり▲)のつく
「鎧の至り」です。

またも、寄り合いから

•レベル2の付与状態は30秒で解け、その後はレベル1状態になる
•鎧の至り+巧技で効果時間は200秒
•付与LVに関わらず重ね掛け可能。

lv2の付与は看破などでは消えないので30秒は安心です^^v
30秒・・・・だけですけどね。

このように、鍛冶というのは
「鎧の極み」をいかにキープするか。という事と戦っています。
敵を釣るのは武士の仕事、極みをキープするのが鍛冶の仕事。なんて言われたりしました。
あと、釣れない時の シーン とした空気とも戦っています。
あれは・・・リアルに痛い><
逆に7個全部釣っちゃうと・・・「釣れ過ぎぃ~~~!!!」と叫びます。
どちらも耐えられません><

さて、なが~~~~い前置きは終わりました。
ここから、やっと本題です。

刀鍛冶には「憤怒威圧」という技能があります。

さぁ、また寄り合いです。

•一体以上釣れた場合、レベル2の▲がつく
◦レベル2の付与状態は30秒で解け、その後はレベル1状態になる
◦付与値は釣った敵数により変動
釣った敵数×1枚分の極みがつく
◦重ねがけの仕様や上昇の最大値は鎧の極みと同じ
•一体も釣れなかった場合、蓄積値消費無し
•怒り蓄積状態は解除されない
•蓄積値3000未満では使用不可
•憤怒威圧入力後に反撃して蓄積状態が解除されても、そのまま憤怒威圧は実行される。


簡単に言うと、怒りを3000消費して敵全体を釣ります。
1体でも釣れるとlv2青が付きます。
そして・・・ココからがすごいのですが。
1体釣れると鎧の極み1枚分
4体釣れると・・・鎧の極み4回分+lv2の青付与が付くのです。

さて・・・このすごさ分かります?

<シュミレーション2> 防御:1000のあかね君の場合
あかね君がボスと戦った。
1・あかねは「憤怒威圧」をした
☆敵が4体釣れた
☆防御が5000になった(防御力はMAXになった)
☆lv2の青付与が付いた
敵が看破した
lv2状態の青は消えなかった

<シュミレーション1>で5手以上もかけて防御がMAXにならなかったのに<シュミレーション2>ではたった一手で防御MAXです。さらに敵も釣っています。
<シュミレーション1>以上の事を、たった一手で出来てしまう(敵が釣れればね)それが「憤怒威圧」です。

これの、すごい所は戦闘中に敵の看破などが来ても「憤怒威圧」をして敵が釣れれば一瞬で消えたモノが元に戻る可能性があるという事です。
さらにlv2の付与が付くのですぐにその状態が消えてしまう事もない。という安定感もあります。

私の考えなのですが、刀鍛冶さんは怒りを蓄積する事を考えず、強いボスと戦うのなら、どんどん「憤怒威圧」しましょう。
どうせ、強い敵なら「憤怒威圧」で怒りを3000消費しても、1撃で5000とかダメくらうし。。。

私の場合ですが、小田原などのボスで負ける時は、沈黙か、鍛冶の青が消えて、そこに敵の攻撃が来て鍛冶が沈んで、徒党が壊滅していく。というパターンがあると思います。

んな訳で、基本的に私は・・・
1・憤怒威圧   釣れ具合を見て、釣れてなければもう一度行くことも
2・我慢挑発   術が痛い敵に
の繰り返しで、小田原の1・2あたりのボスは乗り切れる。と思っています。
憤怒→我慢→憤怒→我慢→憤怒(怒りの蓄積値が足りない時は鎧の至りで青維持)
2回に1回lv2の青付ける行動してればある程度安定はするのかなぁ。
と思っています。
敵を釣り分ける。という戦法ですが、私が釣った後に武士さんに釣ってもらい。。。
という、武士さん頼みです^^; 私は。。。
上級者になると、敵のバーとか動きを読んで、その裏に鎧の至りを入れる。とか出来るんでしょうけど。
私には出来ません。

んで、もうひとつ
怒りが貯まったら、ある程度早めに私は放出しちゃいます。
刀鍛冶で最後の最後、敵にとどめをさす時に、怒り放出で大ダメージ お立ち台ゲットン!!
って人がいますが。。。
敵の残りがもう1体とかなら・・・消化試合です。
あまり意味無いような気がします。
それなら、ある程度序盤で、準備を整えたうえで敵の数を減らすために怒り放出した方が、戦闘が楽になります。
敵の攻撃が痛すぎて、放出している暇が無いような時もありますが^^;

私が良くお世話になる、武士のかわいこちゃんは
私が「攻撃するね」というと「分かりました。じゃぁ釣りますね」と協力してくれます。
かわいいよねぇ~^^

私は、怒り放出前に憤怒威圧でlv2付与と敵の固定をして、相棒である武士さんに敵を釣ってもらってから、怒り放出するようにしています。
怒り放出後は、すぐにまた盾の仕事に戻りましょう!!

あと、開幕の行動なんですが・・・
ウエイトの関係で(「鎧の至り」はウェイト4 「憤怒威圧」はウェイト5)
憤怒威圧から行くと青が付く前に沈んでしまう事も。。。
鎧の至りから行くか、憤怒から行くかは・・・ご自分の経験と勘でお願いします^^


刀鍛冶はある程度育たないとしんどいですが、頑張って育てると楽しくなっていきますよ^^v


長々と書いて・・・
私自身が訳分からなくなってきた><


にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:信長の野望Online - ジャンル:ゲーム

この記事に対するコメント

あかねちん、こんばんは^^
なるほどね~、そんなカチカチになるのか
凄い昔の話で恐縮だけどまだ市も早馬も特化もなかった時代
稲葉山とか甲府の門前で徒党募集していたころは
鍛冶の「鎧の極み」っていう技能が認知されてなかったんだよね
それがすごく優秀で強ボスに有効だってことがね
まあ、昔は今思えばそんな強いボスは限られてたし
狩りが流行ってました、なので構成的に
侍侍忍詠回陰陽陰陽みたいなのが多かったです
いわゆる「鍛冶は炉にこもってろ」時代です
かなり鍛冶屋さんが不遇な時代でした
狩りしててもいちいち町に修理に戻ってたしね
侍はひたすら一所してたっけか・・・
今は徒党になくてはならない存在になりましたね
この記事を見て昔の事を思い出しました^^

怒りに関しては同意ですね
できれば序盤の安定していない時期に早く一体倒したいときに
放出してくれ~><ってよく思ってますw
まあ、そんなヒマないのかもしれませんがw
なにはともあれあかねちんの刀頼りにしてます
へっぽこ武芸からでした^^
【2011/06/07 18:13】 URL | 赤城 #JalddpaA [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tokubun.blog68.fc2.com/tb.php/66-99c26f45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

あかね

Author:あかね
信on萌黄サバ 浅井家所属
所属一門 ペンギン村
西村あかね(神通)
黒田あかね(刀鍛冶) などなど

今日ものんびりまったりと遊んでます。


※このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は、『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。